前へ
次へ

子供にも憧れのインターナショナルスクール

人気タレントの子供や富裕層のキッズが通うイメージがあるインターナショナルスクールは、もともと日本人を対象につくられた学校ではありません。教育施設の対象は外国人の児童であり、インターナショナルスクールの授業は日本語ではなく英語です。義務教育の場とは少し違った教育施設であり、スクール自体は学校教育法に定められていません。日本ではだれもが当たり前のように、小学校中学校と義務教育を受けるものと考えていますが、その教育をインターナショナルスクールの場合は受けていないとされることもあります。とはいえ現代では非常にたくさんの日本人キッズが通っており、当初の対象は外国人という理解はもはやありません。普通の義務教育の効率や私立に通う子供からしたら、大人びていてかっこよく見えることもありますし、憧れを持つ子供も意外と多いです。ほとんど日本人ばかりの学校とは違い、外国人の子供と日常的に触れ合う機会もありますし、帆普通の学校とは様々な面で違います。

Page Top